森安監督がサッカー日本代表の記録的な得点力を賞賛

森保一監督は、2021年3月31日のモンゴル戦での14対0という、ワールドカップ予選での記録的勝利を収めた後、チームの冷酷さを称賛した。

1967年のオリンピック予選でフィリピンを15-0で下した史上最高の成績を収めることができなかったが、森安監督は予選グループFのモンゴル戦の大勝を喜んだ。

「選手たちは相手のことを考えるのではなく、自分たちが成し遂げることができることに集中していた」と語った。